Antwerp

伝説のブラボー & 巨人ドルオン・アンティゴーン

ドルオン・アンティゴーンは、スヘルデ川の川岸の城に住む巨人で、川にかかる橋を渡る通行人に通行料を求め、それに応じない者に対しては、その手を切り落として河へ放り捨てるという蛮行を行っていました。

ついに、ローマの戦士シルヴィウス・ブラボーがアンティゴーンを倒し、その手を切り落としてスヘルデ河へ投げ捨てたという伝説があり、現在のアントワープ市庁舎前には、この伝説を主題とする記念碑「ブラボーの噴水」が作られ戦士ブラボーが、切り落とした巨人の手をまさに投げようとしています。

アントワープ(アントウェルペン)の街の名の由来は、いくつかありますが、人気があるのは伝説に基づくもので、 handwerpenhand 手 + werpen 投げる)だと言われています。

Mythical Silvius Brabo & Giant Druon Antigoon

A giant of Flemish folkloric character is Druon Antigoon who lived in a castle by the river Scheldt. He asked money from people who wanted to pass the bridge over the river Scheldt.  When people didn’t obey, he cut off their hand and threw it in the river.  Finally, brave Roman soldier Brabo killed Antigoon and cut off the hand of the giant to threw it into the river.

This mythical story is still shown by the statue of fountain in front of the Antwerp City Hall.

 

 

更新中 Updating

 

 

 

Silvius Brabo was a mythical Roman soldier