Brussels


セルクラースの像 (触ると幸運に恵まれる)

繁栄していたブリュッセルは、ブラバン公が統治していて、フランドル伯が王位を狙っていました。1356年の嵐の夜にセルクラースは、「星の家」によじ登り、フランドル伯の旗をブラバン公の旗と取り換えて、市民の士気を高めブラバン公が後継者になる事ができましたが、1388年に暗殺されました。英雄セルクラースの像は近年まで、亡くなった場所(星の家の外)に展示されて来ましたが、「幸運と再度この場所に戻って来ることができる」という言い伝えがあり、多くの観光客が触る為に痛みがひどくなってきたため修復されました。

修復後はレプリカが元の場所に置かれています。オリジナルは市長舎で展示されています。ブリュッセル・タイムス紙がレプリカの設置を報じています。

Statue of Éverard t’Serclaes

The Éverard t’Serclaes monument, located in the gallery under Maison de l’Étoile, at the corner of rue Charles Buls and Grand-Place of Brussels, was replaced by a bronze replica.
The original and the cast which served for pouring it have been restored and will remain on exposition at the Ogivale Room at city hall.

The monument of Éverard t’Serclaes is a bas-relief in brass sculpted by Flemish artist Julien Dillens in 1902. This distinguished work was located under the house in which Éverard t’ Serclaes died of wounds in 1388. The sculpture evokes the liberation of the city of Comte de Flandre by lord and alderman Éverard t’Serclaes on October 24th, 1356, precisely 660 years ago.

Due to the state of the monument, frequently touched by tourists, the decision was made to put a copy in its place.   <excerpt from Brussels Times>